豪雨

雷豪雨ですね!エルニーニョ現象と耳にするとネルシーニョ監督とロナウジーニョが浮かぶ阿比留です。

私は、こんな雨の日は車のフロントガラスに撥水コートを塗るのが好きです。塗ってすぐ弾くじゃないですかぁぁ!アレ好きなんです!皆様にもオススメします(笑)しかし、よく降る!土砂崩れや河川の氾濫等の災害も発生しているようですね。

image

image

image

我社のスタッフもこの雨の被害にあっているようで今朝は数名、遅刻してきました。

気をつけようが、無いかと思いますが何も無いことを祈ります。

最近アップしてなかった水槽ですが、コケと戦いながら維持していますよ!!
image

image

アクアリウムの引退を考えている方、引き取ります。私に飼わせてください。御連絡お待ちしています。

話は変わりますが

【地震 雷 火事 オヤジ】             

この言葉ってよく聞ききません?昔おそれられていた4大災害で有名な言葉ですが、案外間違って覚えている人が多いそうです。

地震・・・これは誰もが知っているであろう建物の倒壊はもちろん、最悪な事態で津波も引き起こすまさに四天王の頂点に降臨する大災害である
地震

雷・・・大きくて暗い雲に覆われたとき暴風や暴雨と共に光と音が瞬時に襲う何億ボルトの威力を持つ雷災ドカッと落雷の爆発音がしたとき、コンクリートの地面に穴が開くほど運が悪ければ家や建物に直撃し、火事を引き起こす原因ともなる
雷

火事・・・雷のように自然発火によって起こる場合もあるが大抵は我々の見落としや不注意が原因ガス器具によるコンロやストーブによっての引火やマッチやたばこなどの小さなもので引き起こすこともある
火事

以上の3つは常識で誰もが知っていると思うしかし、問題は親父である

親父・・・昔は文化も生活も全く発達しておらず、
時には戦争によって世の中が波乱に満ちていたことだってあったそんなときにも、いつだって家内を支えてくれるのがやっぱり親父であるすべてにおいての権限や威厳を保っている必要不可欠な大黒柱悪いことをすれば、怒鳴り散らされるように叱ってくれたり
時によっては、体に直接指導する体罰という愛情の特権で正してくれたり母親とはまた違う寛容性や自愛に満ちた行動によって
私たちの成長を見届けてくれた
おやじ

なんて考えている人、残念ながら全く意味が違います! 本当の意味は・・・

大嵐(オオヤジ)・・・簡単に説明すれば大雨や突風による台風のこと現在ではオオアラシと呼ぶ人も少なくなってきたちなみに昔はオオアラシのことをオオヤジ、オオヤマジと呼んでいた
MTS214100802_201419_0_1024x768

そう、親父は父親のことではなく、台風のことだったのです。

読み方が似ているためにくいちがってしまったのだろうか文化や風習のくいちがいによる成り立ちだろうかそこは私にも分かりませんが、これを間違って覚えている人が大変多いようです。

間違った認識で話してませんでした!?阿比留のトリビアの泉でした。

By | 2017-03-08T17:13:31+00:00 2016年6月22日 水曜日|